Providing the best technical infomation
コンテンツ
  • HOME »
  • コンテンツ »
  • 周波数

タグ : 周波数

高周波利用設備設置等のための手続き

高周波利用設備とは、電線路に10kHz以上の高周波電流を通ずる電信、電話、その他の通信設備及び10kHz以上の高周波電流を利用して医療、工業等の分野で幅広く活用されているもので、わが国の産業に大きく寄与しております。しかし、高周波利用設備から漏洩する電波が他の無線通信に妨害を与えるおそれがあるため、一定の周波数又は電力を使用する高周波利用設備を設置しようとする者は、設置する前に許可を受ける必要があります。また、許可を受けた設備を変更(増設、撤去、設置場所の変更等)しようとする時、廃止しようとする時又は譲り渡す時等の場合にも手続が必要となります。

コンデンサのリアクタンス

コンデンサは日本ではそう呼ばれていますが、海外などでは通常キャパシターと呼ばれています。基本的にコンデンサの構造は2枚の平行な金属を並べられたものであり、その間は導電性の無い空気や誘電体がはさまれているため、基本的に直流に対しての抵抗値は「∞」とみなすことができます。 しかし交流電圧をかけると、電力が通過する特性をもっています。しかしこのときに、コンデンサの容量によってその度合いは異なりますが、電圧よりも、電流が先に出てくる現象が現れます。簡単にイメージをするならコンデンサによって電流が引っ張られているイメージをすると分かりやすいのではないでしょうか

コイルのリアクタンス

コイルの成分はインダクタンスと呼ばれており、電線を円形に何回もまいたコイルの電気的な性能を表す言葉です。実際のコイルはただ単に円形に電線を何度も巻いたものだけではなく、鉄やフェライトなどの磁性を高める材料(コア)に巻き付けたものです。またその他に2つの巻き線を利用したトランスなどもインダクタンスとなります。

PAGETOP
Copyright © ELECTRICRF All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.